金運をあげるにはこれだけは守ろう!金運アップ方法をレクチャーします!

・金運アップの方法とは?どういうものがいい?
金運をあげる方法として、一番簡単で良く言われていることが「財布」を新調するということです。この場合の財布は長財布が良いです。
お金の管理の仕方は、お札の向きを考えること、レシート系や無駄なカード類は入れないことが大切です。
また色は明るい色が良いといわれています。財布を新調すると言う方法は多くの方が取り入れてる方法なので、金運をあげたい人にはオススメです。 参考: お金が貯まる財布

・金運をあげるにはお金の使い方を学ぼう
お金の使い方というのは、使う所は使って、使わない所は使わないという心がけです。
お金はずっと貯めていてもめぐってきません。お金にも流れがり、流用させて循環させることで、大きなリターンがやってきます。
つまり、お金を掛けるものは掛けても良いということです。人によってほしいものは変わりますが、お金の使い方を良く考えて使うことを学びましょう。
具体例を挙げておきます。
100円ショップで購入できるプラスチック製の入れ物
3000円ぐらいする丈夫な入れ物
があったとします。このときにあなたらどちらを選びますか?

結論からいれば、3000円の商品を購入する人の方がお金の使い方を理解しているということになります。理由は、3000円の代価を支払っても「丈夫で壊れにくいから長く使える」ということが考えられるからです。 参考: 安物買いの銭失い
100円の商品の場合は、確かに価格が安いですが、次の日につぶれてしまったらどうでしょう?10日、30日という風に日数を重ねるごとに壊れたとして、購入していくと結果的に同等の値段になります。もしくはそれ以上になる場合もあります。
つまり、お金を掛ける所=使い方を分かっている人は、必ず金運があがります。これがお金の使い方を学ぶということです。

このように金運をあげる方法を理解してくことで運がめぐってきます。金運をあげたい人は理解しておきましょう。